瞑想とは
瞑想の効果
丹田とは
丹田呼吸とは
丹田呼吸の方法
丹田呼吸の点検法
どうして丹田呼吸が良いのか?
意識呼吸
姿勢瞑想
抗酸化督脈瞑想
歩行瞑想

瞑想の效果についての研究は大きく二つの方向で推進されています。 一つは人間の生理機能に及ぼす影響に関するもので、主に高血圧患者たちを対象に行い、 もう一つは心理状態の変化や情緒的な問題に及ぼす影響に関するもので、不安障害、恐怖障害を持った精神科の患者たちの症状を扱います。 このような研究により、瞑想の治療效果は度々科学的に立証されてきました。

アメリカジョージア医科大学のベロンバーネス博士は、瞑想によって、 心臓疾患を引き起こす危険な要因を抑えることができるという研究結果を発表しました。瞑想が血管を拡張して血圧を下げるというのです。 最近の研究では瞑想が中毒者のリハビリを助けるということが明らかになりました。 また瞑想がストレス管理に效果的で、不眠症、試験不安、読み取り障害のある児童にも有用だということが明かされました。

人は心が落ち着いて集中している時には脳波の波動が遅くなります。 反対に、脳波が高ければ心が乱れ、エネルギー消耗も多くなります。瞑想は脳波を低くするのに非常に有効な方法であり、 脳波が低くなれば外部意識と感覚から脱し、肉体的な疲れを容易に乗り越え、疾病に対する予防能力が生じます。

-ホルモン分泌の調節により体全体の機能が向上します。
-高血圧、糖尿、中風、肝疾患など成人病の予防になります。
-脊椎が矯正され、傷ついた神経が癒されます。
-体の不均衡が解消されて、自然なダイエット効果があります。
-目の輝きが戻り、肌が健康的になります。
-老化による痴ほうの予防になります。

-不眠症、頭痛、鬱病、ノイローゼなど心因性の疾患が解消されます。
-気運が鎮まり脳波が安定し性格が穏やかになります。
-体と心が清らかになり、禁煙、禁酒することができるようになります。
-他人の感情を理解して共感する能力が発達し対人関係が良くなります。
-感情調節能力が発達し調和的なリーダーシップを持つようになります。

-頭がすっきりとして、集中力と記憶力が増します。
-脳波がアルファ波長帯域に至り創造力が極大化されます。
-生きることの真の意味を自覚し、人生で目指すべき方向が明確になります。

濁気は医学者たちが言う活性酸素(Oxygen Free Radical)と相通ずる概念です。 医学界では活性酸素を人体の排気ガスと呼ぶほどその被害を深刻に受けとめていますが、一般的にはまだなじみの薄い概念です。 多くの医者がすべての疾病と老化の原因は活性酸素にあると考えるほどです。

活性酸素をとり除く方法は、 ベータカロチンやセレニウムをたくさん取る食事療法(それらの物質を多量に含んでいるとされる乾燥させたスモモ、また、緑黄色野菜や果物を主とした食事)、 運動療法(有酸素運動や歩きなど)、精神的なストレスを解消する瞑想療法(宇宙気と繋がる丹田呼吸)があります。

そのなかでも、瞑想療法の效果が他の療法よりも効果的である理由は、 食べ物など外的な物質によって発生する活性酸素よりも、ストレスなど精神的な原因によって発生する活性酸素の比重がずっと大きいからです。 精神的な原因によって発生する問題だからこそ、心をコントロールする瞑想療法の效果が当然大きくなるわけです。


Copyright (c) 1998-2009 SUSEONJAE All rights reserved. | email : qa@suseonjae.org